calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

IVY Recommended Book

『Talente Totes』 リバティ生地もございます!

 
お蔭様でご紹介後、好評な「Talented Totes」のトートバッグ。

本日もBest of Britishシリーズからスーツの生地とはまた違った印象の可愛いこちらをご紹介です。

早速、ご覧下さいませ。



<Clouds-and rain!/曇り-のち、雨!>
これぞ、イギリス!伝統的なテーラードの為のウールファブリックと静かな雰囲気の花柄の生地からイギリスのお天気っぽさを感じてもらえますか!?


<Wardrobe/衣装箱>
ぱっと見この何の変哲も無い洋服のアウトライン、それがこの上質の生地に描かれてあることを知る皆さんは何を想像するでしょう。
デザイナー、ジュリア・ガッシュは子供の頃、端切れでお人形の洋服を作っていました。
その生地はかつて彼女の母親が自分や姉妹達の為に洋服を作った残りの部分でした。
このバッグにデザインされた小さな洋服の型は、かつて子供だった頃の優しく温かい思い出が形になった物です。


<Pigeon “King of Rome”/鳩“キング・オブ・ローマ”>
かつてイギリス北部の労働者階級の人達の間では、鳩を飼うことと鳩レースを行うことが盛んに行われていました。
「キング・オブ・ローマ」は1913年にローマからイングランドまでの1611kmの鳩レースで優勝した名鳥。
イギリスではこのレースの鳥をテーマに歌った有名なフォークソングもあります。


<I Hoped/私の誓い>
このデザインは19世紀、詩人でもあり作家であったアン・ブロンテの遺作詩からの抜粋です。
またこの詩は創業者であるジュリア・ガッシュのお気に入りの詩であり、マントラでもあります。
この詩には死の床にあるアンでしか描けなかったリアルな悲壮感が存在します。
ジュリアは幼少期、ヨークシャー地方、ハワーズの観光名所の一つ、ブロント家旧居を訪ねた際、お土産に詩の書かれたブックマークをもらいました。
それがこの詩です。
それは今も彼女の大切な宝物の一つです。


<Jacket A/ジャケットA>
このシンプルなジャケットのスケッチは、ジュリアの幼少時代のお人形洋服作りの記憶をベースに描いています。


<The Handshake/握手>
このデザインでジュリアが主題にしたかったものはまさにこのウール素材を着ていただろう、典型的なサラリーマンです。
時代の香りを感じますか?


<Pedalling for England/イギリスで自転車>
弊社はイギリスで毎年恒例イベントである、「The Tweed Run」の広告も作っています。
これはイギリスの有名な自転車イベントで、ツィード服を着こなして、イギリス製の自転車に乗って、街をお洒落に走り回るというのもので、日本でもTweed Run Tokyoが2012年に行われました。
デザイナーはこのイギリスならではの伝統にユーモアを交えて形にしました。
鳩も脇でサイクリストにエールを送っています!



ご紹介しました、キュートなリバティプリントのトートバッグはすべて¥4,725(tax in)です。

size 42cm×37cm

コットン100%。

英国製。



すでに完売のデザインも出ているTalented Totesのトートバッグ、ご来店際はぜひチェックしてみて下さいね!


通販に関しまして現在、銀行振り込みのみにて承っております。
税込み1万円以上で送料無料。※但し、離島などは別途頂戴いたします。

気になったアイテムがございましたら、お気軽にお電話またはメールお待ちしてます。

 0172-33-6543   shopivy@hotmail.com


Best of British〜アップサイクルへのこだわり。

 
昨日ご紹介のTalented Totesから今日はBest of Britishシリーズをご紹介です。

アップサイクルへのこだわり:アップサイクルとは古い物に付加価値を付けて新しい物に生まれ変わらせる試みのことです。

展示会に伺った際に共感を得て即オーダーした訳ですが。

イギリス、ヨークシャー地方の毛織物は質が高く、サビル=ロー(一流紳士服の仕立て屋の多いロンドンのファッション街)や、リバティ(大手ファッションメーカー)でも取り扱われています。





このシリーズの素材は時代の流れと共に生産終了になったスーツ生地の在庫から作られています。
その高い素材の価値は在庫と言えど、全く変わりありません。
BIDBI創業者であり、且つデザイナーでもあるジュリア・ガッシュは、この在庫限りの希少な素材に新しい命を吹き込む手段として、ユニークなコレクションを生み出しました。


それではメイド・イン・ヨークシャーの上質な毛織物で作られたバッグにイラストを施したシリーズをご覧下さい。


<Clouds-and rain!/曇り-のち、雨!>
これぞ、イギリス!伝統的なテーラードの為のウールファブリックと静かな雰囲気の花柄の生地からイギリスのお天気っぽさを感じてもらえますか!?


<Pigeon “King of Rome”/鳩“キング・オブ・ローマ”>
かつてイギリス北部の労働者階級の人達の間では、鳩を飼うことと鳩レースを行うことが盛んに行われていました。
「キング・オブ・ローマ」は1913年にローマからイングランドまでの1611kmの鳩レースで優勝した名鳥。
イギリスではこのレースの鳥をテーマに歌った有名なフォークソングもあります。


<I Hoped/私の誓い>
このデザインは19世紀、詩人でもあり作家であったアン・ブロンテの遺作詩からの抜粋です。
またこの詩は創業者であるジュリア・ガッシュのお気に入りの詩であり、マントラでもあります。
この詩には死の床にあるアンでしか描けなかったリアルな悲壮感が存在します。
ジュリアは幼少期、ヨークシャー地方、ハワーズの観光名所の一つ、ブロント家旧居を訪ねた際、お土産に詩の書かれたブックマークをもらいました。
それがこの詩です。
それは今も彼女の大切な宝物の一つです。


<Jacket A/ジャケットA>
このシンプルなジャケットのスケッチは、ジュリアの幼少時代のお人形洋服作りの記憶をベースに描いています。


<Pedalling for England/イギリスで自転車>
弊社はイギリスで毎年恒例イベントである、「The Tweed Run」の広告も作っています。
これはイギリスの有名な自転車イベントで、ツィード服を着こなして、イギリス製の自転車に乗って、街をお洒落に走り回るというのもので、日本でもTweed Run Tokyoが2012年に行われました。
デザイナーはこのイギリスならではの伝統にユーモアを交えて形にしました。
鳩も脇でサイクリストにエールを送っています!


<The Handshake/握手>
このデザインでジュリアが主題にしたかったものはまさにこのウール素材を着ていただろう、典型的なサラリーマンです。
時代の香りを感じますか?



すべてアソートとなりますが、一部サイドにミミ付きのレアなアイテムも有りますので、こちらもお早めにどうぞ!

price ¥5,775(tax in)

size 42cm×37cm

wool 100%
 
英国製


staff S.O


通販に関しまして現在、銀行振り込みのみにて承っております。
税込み1万円以上で送料無料。※但し、離島などは別途頂戴いたします。

気になったアイテムがございましたら、お気軽にお電話またはメールお待ちしてます。

 0172-33-6543   shopivy@hotmail.com


ご出産おめでとう!キャサリン妃。


先月22日、イギリス王室のキャサリン妃が第一子となる男児を無事出産し、全世界がお祝いムード。

そんなお祝いムードにIVYではちゃっかり乗っかり、こちらの新商品をご紹介したいと思います。



Talented Totes


-it's all about kate-
畏敬の念、ケイト·ミドルトンに敬意を表したこのコレクションは、BIDBI創設者ジュリア・ガッシュによってデザインされた言わずと知れた有名人、ケイト・ミドルトン夫人を題材にしたシリーズです。
ジューコ素材(juco)、またはキャンバス地に白、黒そして控えめの赤で印刷しています。
イラストはケイト夫人の結婚式の一場面をちょっと違った角度から見て、シンプル且つ一風変わったデザインで表現しています。


<Hello!/ハロー!>
まるでパペットのように、いつまでも大衆に手を振り続けるケイト夫人とウィリアム王子。
このイメージはイギリスの大衆マガジン「Hello!」でも大々的にメディアに取り上げられました。
Carry on waving and say Hello!(手を振り続けて、Helloと言って!)


<The Observers/傍観者>
私達はケイトやウイリアム王子を含め、多くの有名人の日常生活を垣間見ることを熱心に楽しみにしています。
彼らは隣人でも友人でもなく、一生関わりを持つ事は無いと分かっていても、傍観し彼らの繊細な出来事に関心を持ちます。
しかし王室犬コーギーにとってそんなことは特別でも何でも無いのです。


<Walkies/お散歩>
デザイナーであるJuliaが最初に描いた英国ロワイヤルファミリーのデザイン。
エリザベス女王のコーギー達は犬の世界のルネッサンスを楽しんでいます。
女王のアイコニックな犬達に向けたオマージュ。


<Crown a Day/今日の王冠>
あなたが毎日のソックスを迷ってしまうように、エリザベス女王もきっと毎日の王冠選びに頭を悩ませているはず!
“今日はダイヤモンドのティアラ?それともルビーを散りばめた王冠??どうすればいいの!?”そんなことにならないよう、私達が曜日ごとにどのソックスを履くか決めているように、女王もきっと同じようなことをしてるはず!

以上すべて¥2,520(tax in)


こちらはちょっと変わりまして、メタリックカラーの文字入りトートバッグです。
ケイト夫人を取り巻く環境に関する、シンプル且つ力強いスローガンを用いています。

<For Kate and Country/ケイトと英国のために>
ケイト夫人の熱狂的なファンにとって、ウィリアム王子はそれほど重要ではなくなっています。
将来の英国王であるウィリアム王子は隣にいる魅力的なケイトによって影を薄くさせられています。

¥2,940(tax in)



いかがでしたでしょうか。

丈夫でいて、気軽に使えるトートバッグです。

それぞれイラストには意味あるのでそちらを踏まえてチョイスしてみるのも良いかと思います。

SIZE 42×37×10

cotton 100%

インド製。
※プリントは英国にて印刷されています。




ご紹介したバッグにはワンポイントとなる缶バッチが1つ付属します。

無くなり次第終了となりそうなので、ぜひお祝いの記念にでもゲットしてみて下さいね。


staff S.O



| 1/1PAGES |