calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

categories

archives

IVY Recommended Book

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.10.25 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ottod'Ameから新作アイテムが届きましたよ♪



今日は、ottod'Ameの春の新作をお届けします

今季のオットダムも現代的な感覚を失わず、それでいていつまでも流行遅れにならないスタイルを提案しています。




〈ボートネック花柄ブラウス〉

color
PANNA
size
42
price
¥23,000+tax
comment
全体的に散りばめられた大小の花柄が可愛らしいブラウス。
ドロップショルダーで、華奢見え効果もあり、ゆる可愛く着ていただける一枚です


ボートネックで首元もすっきりと



刺繍部分は少し透け感がありますが、裏地付きなので一枚でも着ていただけます。





〈花柄タイトスカート〉

color
NERO
size
42
price
¥16,000+tax
comment
先程のアイテムと同様に、花柄刺繍が全体に散りばめられたスカート。
ひざ丈のタイトシルエットで、大人可愛く着ていただけます


コチラも裏地付き。
裾のラウンドしたカットもオットダムらしいさりげないポイントですよ



先ほどご紹介したアイテムを組み合わせて大人のモノトーンコーデの完成
シックな中にも可愛らしさが光るコーデです





〈花柄レースブラウス〉

color
ROSSO
size
42
price
¥16,000+tax
commnet
鮮やかな発色と透け感のあるランダムなレースが春夏らしい半袖ブラウス。
中に着るインナーで、表情を変えて楽しんでいただけるアイテムです。


女性らしくすっきりとしたボートネック。



バックボタンのデザインで、後ろ姿の可愛さにも気を抜きません



さりげない貝ボタンがきらりと光ります



以前ご紹介したスカートと合わせてトップスが主役の爽やかコーデ





〈ノーカラージャケット〉

color
ROSA/BLU
size
42
price
¥27,000+tax
comment
少し厚手の生地でしっかりとした作りのノーカラージャケット。
繊細な織り柄と袖口のビジュー使いでエレガントな雰囲気を演出しています
ちょっとしたお出掛けにも活躍してくれそうですよ


あえてボタンもホックも無いノーカラーのデザインで、気軽にも羽織っていただけます。



繊細な織り柄が独特の雰囲気を醸し出します。



袖口のビジュー使いは程よいボリューム感と可愛らしさがあります



〈ノースリーブ切替ワンピース〉

color
CHERRY/BLU
size
42
price
¥18,000+tax
comment
ウエスト部分からの切替と胸下からのダーツですっきりとしたラインのノースリーブワンピース。
ストレッチ素材で、伸びが良く、暑い時期でもさらっと着ていただけます


両サイドにポケット付き。
左ポケット下にはブランドマークのワンポイント



ジャケットとワンピースの色違いを合わせてコーディネートしてみました。
流行りのワントーンコーデです




インポートブランドならではのデザインも多いため、オシャレさんにはぜひチェックしていただきたいブランドのオットダム。

気になった方はお気軽にご来店、お問い合わせお待ちしてますね

最後になりますが、今回も世界観をもっとという方へ。

ottod'Ame CONCEPT MOVIEもご覧になってみてください。


La fortezza di Shipshape (ottod'Ame SS2015)

 

staff A.O




・通販に関しまして現在、銀行振り込みのみにて承っております。
税込み1万円以上で送料無料。※但し、離島などは別途頂戴いたします。
・商品到着後、商品に万が一不良箇所があった場合のみ返品、返金、交換にて対応させていただきます。

気になったアイテムがございましたら、お電話またはメールにてお問い合わせお気軽にお待ちしてます。

IVY
Tel:0172-33-6543 Mail:shopivy@hotmail.com


スポンサーサイト

  • 2019.10.25 Friday
  • -
  • 21:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック